あまめも

昔ながらの雰囲気が最高!!仙石原の「いろり茶屋」に行ってきた。

 こんにちは、長期休暇?を利用して神奈川にプチ温泉旅行に行っていた あますた(@amaguristar)です。
 1泊2日ですが、ゆっくりとお湯に浸かりリフレッシュできたので最高でした。

 そんな中、最後の食事に選んだ場所が印象深かったので忘れる前にメモする事にしました。

雰囲気も量も最高!

 まずはサクッとお店の前に移動。

20160605_c1

 たぬきの置物がいい感じにお出迎えしてくれますw
 何がすごいって、昔の日本家屋っていうんですか? 内装も外装もいい雰囲気を醸し出しています。

20160605_c4

20160605_c7

20160605_c2

『いろり茶屋』の名に偽りのない立派な”いろり”があり、一歩店内に踏み込むと独特の世界観が味わえるお店です。昔の家・・・というか旅館? は、きっとこんな感じだったんだろうな〜となんとなく思いました。

 自分が行った時間はお昼過ぎで本来なら落ち着く時間だと思いますが、ほぼ満席の状態。外国人のお客さんも多くいたのが印象的。普段から観光客が多い地域なんでしょうか? お店の人に聞いておけばよかったとちょっと後悔してます。
 肝心の料理ですが、こんな感じ。

20160605_c8
 「かつ定食」

 すいません、正式名称忘れました(すぐにメモしとけばよかった・・・)。このかつ定食、何がすごいってその量です。

20160605_c9

 写真だと分かりづらいですが、結構な厚み! ガッツリ食べたい人にはもってこい。正直、食べきれるか心配になるレベル。実際に食べてみると肉厚でサクサクの衣に包まれた”かつ”は、割とさっぱりした味で女性でも問題なく食べきれると思います(・・・当然人によるでしょうが)。
 せっかく二人で行ったので、違うものを注文。もう一つの料理は「いくら丼」。

20160605_c5

 見てください! いくらがキラキラと丼の中で輝いて、まるで宝石のようですw ”いくら”の下には”しらす”がこれでもかと敷かれており、”しらす”だけでも美味しいのに”いくら”のプチプチした食感も加わる事で絶妙な塩加減と食感に仕上がっている一品です。
 どちらが好みか聞かれたら自分は『いくら丼』の方が好みでした。なんとなく写真の撮り方でバレてますかね? 次に来た時は「いくら丼」にしようと心に決めましたw
 

まとめ

 神奈川県箱根町仙石原にある『いろり茶屋』ガッツリ食べたい人・独特の雰囲気を楽しみたい人にもオススメです。大涌谷からも近いですし、それこそロープウェイからそんなに離れて無いので、近くに行った際にはぜひ寄ってみてください。満足できると思います。

20160605_c6

参考:「いろり茶屋」のページへ

関連記事

  1. お肉をがっつり食べたかったので『炭焼ステーキ くに』に行ってきた…

  2. 久しぶりにナイトツー。距離的にちょうど良かったので『半田屋 川越…

  3. 神田にあるカレー屋さん「Bondy(ボンディ)」が美味い!!

  4. [甘]団子屋さんが気になったので

  5. [甘]ラフテーうまい!疲れた時は浦和の沖縄料理屋さん「彩菜BA…

  6. 埼玉17号線沿いにある中華料理屋さん『柳明館』が漫画も読めて美味…

こんなメモもありますよ♪

Twitter

ページ上部へ戻る