あまめも

「カフェラテ」と「カフェオレ」の違いが分からないので調べてみました!

 こんにちは、ふとしたきっかけでいろんなことが気になりはじめる あますた(@amaguristar)です。
 先日、かわいい”どうぶつカプチーノ”という飲み物を飲んでから「あれ?そういえばカフェオレ」と「カフェラテ」の違いってなに?? ってなったので、今回調べてみることにしました。

>> ”どうぶつカプチーノ”についてはこの記事です。

似たような種類いろいろ

 そもそも似たような飲み物って多いですよね? ちょっと思い浮かべただけでも、

  • カフェオレ
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • カフェモカ

 と結構あります。これはもういつものように調べてみよう!!と早速検索。

カフェオレ

 調べてみたらフランス語。カフェはコーヒーの意味で、オレ(正確な発音は知りません)は”牛乳入り”という意味になるそうです。つまり、牛乳入りのコーヒー。基本的な割合は『牛乳:5、コーヒー:5』とのこと。ちょうど半分ずつ入れたらカフェオレになるんですね。

カフェラテ

 こちらはイタリア語。でも、「ラテ」については造語だそうです。ラッテと言い意味は”牛乳”。こちらの割合は『牛乳:8、コーヒ:2』。コーヒーは少しなのがイタリア風? いえいえそんなことはありません。どうやらイタリアでコーヒーと言えば『エスプレッソ』が基本。つまり正確な割合は『牛乳:8、エスプレッソ:2』となり、味の濃さ的にはきっと変わらないんじゃ無いか?とかってに思ってます。
 ちなみにエスプレッソについて調べてみたら

エスプレッソ

 専用の機械を使い加圧状態で漉したコーヒー。特徴的な選出方法により風味が濃厚。
wikiより抜粋

 とのこと。つまりカフェラテは比率を無視して考えると『エスプレッソに牛乳を加えた飲み物』って結論。

カプチーノ

 これもイタリア語。なのでもちろんコーヒーは”エスプレッソ”を使用。カフェラテとの違いは”フォームドミルク(泡立ったミルク)”を最後に加えること。割合基本的に『エスプレッソ:1、牛乳:1、フォームドミルク:1』。乱暴な言い方をすれば『カフェラテの牛乳の量を減らして泡立てた牛乳を加えたもの』って認識で良いと思います。

カフェモカ

 これもコーヒーはエスプレッソ。これまで”エスプレッソ=イタリア”みたいな公式があったので「きっと生まれはイタリアだな?」とか思ってましたが実は『アメリカ生まれ』。イタリア風を意識しているようで、コーヒーはエスプレッソを使用しているとのこと。あながち「エスプレッソ=イタリア」は外れてなかった・・・・。
 材料は、エスプレッソ・牛乳・チョコレートシロップと甘くてマイルドな味とのこと。実際飲むと甘いですもんね。

まとめ

 以上のことをまとめると、

カフェオレ・・・ドリップコーヒーに牛乳を同僚混ぜたもの
カフェラテ・・・エスプレッソに牛乳を混ぜたもの
カプチーノ・・・エスプレッソに牛乳と泡立てた牛乳を同僚混ぜたもの
カフェモカ・・・エスプレッソに牛乳とチョコレートシロップを混ぜたもの

 って結論。この他にも細かい分類はあるようですが、とりあえずこれだけ知っておけば困らないと思います(個人的にw)。とはいえ、一度一覧を作ってみるのも面白いかな?と凝り性な正確が出始めました。
 ・・・気が向いたら本を買って深いところまで読み込んでみようかな?と思います。

関連記事

  1. 世界一おいしいと巷で話題の『CURIOSITY COLA(キュリ…

  2. [甘]東京国際フォーラム『FOOD SERVICE EXPO 2…

  3. そう言えば『ボロネーゼ』と『ミートソース』って何が違うの?と思っ…

  4. [甘]やっちまった・・・

  5. 復活!!折れたクラッチレバー早速交換、やっぱりこうだよ!!

  6. うわぁ・・・今年もか?勘弁してほしい・・・。

こんなメモもありますよ♪

Twitter

ページ上部へ戻る