あまめも

iPhone無くした?って時にiCloudにある『iPhoneを探す』機能が便利!

 こんにちは、あますた(@amaguristar)です。先日、店にiPhoneを忘れて帰宅。「今から取りに行くのもな〜」ってのが正直な気持ち。とはいえ、もし万が一”帰り道”で落としてたら”もっとめんどくさい”ってのも・・・。そんな時に思い出しました。iCloudには『iPhoneを探す』機能があったことを! せっかく登録しているので、善は急げと落とした場所を検索。

 

iCloudにサインイン

 まず最初にやらなければいけないのは『iCloudへのログイン』。iPhoneを持っている方なら確実に登録しているはずなので、問題無いと思います。パスワードやAppleIDを忘れた方は、ページに親切な対応方が書いてあるのでそれにしたがってください。

PCでiCloudのサイトへGo!

初めてログインするデバイスの場合、”AppleIDが新しいデバイスにサインインするためにしようされています”とか”この認証コードをデバイスに入力してください”とか出ますが、”画面の指示通りに進めば全く問題無し”です(さくさくっと進めましょう!)。念の為、iCloudのアドレスを下記に書いて置きます。

【参照:iCloud https://www.icloud.com/#find

iPhoneを探すを使ってみる

 ログインするとこの画面。

きっとみなさん同じ画面のはず!

 ”iPhoneを探す”をポチ!

地図上に緑の光点

 マップ画面が起動。緑の光点が出現し、そこにiPhoneがある様子。通常のマップと同じく倍率を変えたり、マップを移動したりと操作可能。場所を確認すると、恐らく職場(若干のズレが発生していますが)。
 試しに”緑の光点を押すとメニューが出現”

緑の光点を押すとこのメニュー

 解像度が低くてボケてますが、『サウンドを再生』『紛失モード』『iPhoneの削除』の3つのメニューを選択可能。今回は『紛失モード』を使用。

画面に連絡先と、メッセージを表示可能!

 画面に拾ってくれた方へのメッセージを表示可能。好きなメッセージを書き込めば良い様子。

次の日に携帯の画面を確認してプリントスクリーンした画面。

 自分で書いたメッセージと連絡先が画面に表示。さらにワンタッチで指定した連絡先に電話をかけるボタンも出現。とても便利! とはいえ、自分は携帯電話2台持ちだから良いですが、1台しか持って無い人はどこを連絡先にするのだろう? 職場? 友人?? ・・・なんとなくですが、携帯が無いとどこの連絡先も分からない気がします。基本的に全て携帯にデータを保存してるでしょうし。

まとめ

 iPhoneを使っているなら、万が一の時の為に『iPhoneを探す』をONにしておくのがおすすめ! 設定方法は簡単。
iPhoneの設定を開いて、『ユーザー名』→『iCloud』→『iPhoneを探す』を『オン』にするだけ。これだけで、無くしても安心。とはいえ、データを全て携帯のみに保存していると本当に無くした時に困りもの。念のため、常日頃からのバックアップを心がけるようにした方が安心。自分も気をつけよう。

関連記事

  1. [甘]気になってしょうがないのでさっそく画像表示を直してみた。

  2. [甘]TwitterCardsを「Twitter Cards M…

  3. ネットでニュースを読んでいたら気になる単語『ライブコマース』と言…

  4. [甘]ブログにアップすると写真の向きがおかしい物がたまにあるので…

  5. 「PayPal」使ってみたらすごい便利!めっちゃ簡単で驚いた。

  6. ず〜と気になってたHPの文字をマーカー(蛍光ペン)でなぞった感じ…

こんなメモもありますよ♪

Twitter

ページ上部へ戻る