閉じる
閉じる

あまめも

「睡眠不足で太る?」「肥満者の70%が”モナリザ症候群”?!」知らなかった【ダイエット】

睡眠

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。

  • 「睡眠不足で太るらしいよ」

先日お客様との世間話で飛び出した上記の言葉。これまでそんな話は聞いたことのない自分。衝撃でした。

理由も聞いてある程度納得したのですが、せっかくだったので詳しく調べることに、それだけだと芸がないので、良い眠りを作るために枕やマットレスも簡単に探してみました。

 

そもそもなぜ睡眠不足で太るのか

主な理由は、

  • 睡眠不足は人の空腹感を増幅させてしまう(※1)
  • レム睡眠の不足は、糖質や脂質を多く含む食べ物への欲求を高める(※2)

という様に『”食べたい!”という欲求が強くなってしまう』ため。

いくら「痩せたい!」と思っていてもそれ以上に『食べたい!!』と思ってしまうとどうしようもないですよね。

十分な睡眠をとり、まずは「食べたい!」という欲求を少しでも減らすのが一番の近道。

肥満者の7割が”モナリザ症候群”

別の記事を読んでいたら太るのは『モナリザ症候群』の影響が大きいとの記事を発見(※3)。

『モナリザ症候群』とは

「モナリザ症候群」は「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の頭文字(kNownのみ2文字目のN)を取ってつけられた造語で、和訳すると「肥満者の大多数は交感神経の働きが衰えている」という意だ。※3より一部抜粋

「自律神経を整えることが、ダイエット成功の秘訣」

「自律神経のバランスは、心身の健康のために欠かせません。しかし、このバランスが乱れて、日中に交感神経が働かなくなってしまうと、アドレナリンの分泌量が減り、活動量が落ちます。その結果、消費カロリーが減って太りやすい体になってしまうのが『モナリザ症候群』の正体です」※3より一部抜粋

とのことで、「2つの自律神経が交互に、メリハリある働きができる体であれば、『モナリザ症候群』のリスクは少ない。脂肪を燃焼し、痩せやすい体になります」と記事では紹介されています。

つまり、「メリハリのある生活」=「昼間はしっかり動き、夜はリラックスする」というON・OFFの行動を心がけるのが一番って事かと。

まとめ

睡眠不足により、

  • ”食べたい!”という欲求が強くなってしまう
  • 自律神経のバランスが乱れて、『モナリザ症候群』(太りやすい体質)になっている可能性がある

と言うこと。

改善方法は、

  • 十分な睡眠をとり、メリハリのある生活を心がける

こと。

番外編

十分な睡眠には良い枕とマットレスは不可欠ではないだろうか?」という考えのもと、何個か探してみました。参考までにリンクを掲載。

関連記事

  1. 本日解禁! ボージョレ・ヌーヴォ!! ん?「ボジョレー・ヌーボー…

  2. 富士大観 大吟醸 瓶燗火入れ

    日本酒の「瓶燗火入れってなんだろう?」ってなったので調べてみた

  3. ChatGPT

    ChatGPTの利点と可能性:AIとの対話がもたらす未来の可能性…

  4. iPhone充電ケーブルを挿しているのに”じわじわ”電池残量が減…

  5. [甘]これからのHOUFU

  6. 日本酒の甘口・辛口って何?どうやって見分ければ良いの??

こんなメモもありますよ♪

  1. がってん寿司
  2. 上等カレー看板

Twitter

ページ上部へ戻る