閉じる
閉じる

あまめも

豊洲市場をふらっと散歩して来ました。

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。

どうして行く事になったのか少し前で忘れましたが、嫁さんと二人で豊洲市場へ。一般に解放している区画をふらっと訪問。まだまだ新しいだけあってとても綺麗でした。

目次

 

分かりやすい案内版

今回は嫁さんと2人バス移動。自宅から乗り継ぎ1回で移動する事数十分。無事に現地到着。この時点で時刻は13時半。市場にいく割にはゆっくり目の到着です。

建物内に入ると目につくのが案内板。

親切な案内、手作り感がいい感じに目を引きます。
3Fの案内板

手作り感が良いですね〜。分かりやすい。初めてでも安心です。ギャラリーの方に向かうと

流通を分かりやすく表示

 食材の流れを分かりやすく表示。イラスト付きで流れを説明しているので、外国の方でも問題無く理解しやすい心配り。流石です。

ゆるキャラが居るって初めて知った

ギャラリーに入ってまず目にとまったのが青くて大きいこちらの・・・妖精?

市場のマスコット「イッチーノ」

「なんだろう?」と近づくと前掛に書かれた『市場の妖精 イッチーノ』の文字。「ゆるキャラ居たんだ」とびっくりです。詳細も隣のパネルに詳しく掲載。

イッチーノの紹介パネルと魚くんのイラスト?

紹介文を読むと「市場で生まれ、市場で育った妖精、イッチーノ」との説明。その他家族構成までしっかり掲載。こだわりを感じます。

マンホールにもこだわりが有る様子

通路を歩くと所々で出現するのがマンホール。

マンホールコレクション

マンホールコレクションと書かれた案内の下には当然、マンホール。

コレクション1
コレクション2

「粋」や「目利き」なんて有るんですね。面白い。

最大級のマグロは想像以上

中でも目を惹いたのがこちらのオブジェ。

築地時代に捕れた最大級のマグロ

移転前の築地市場時代に捕れた最大級マグロの実寸大模型。詳細を読むと

重さ: 496Kg
長さ: 2.88m
胴回り: 2.36m

と、迫力満点。写真だと大きさが伝わらないのが残念です。バイクよりも大きくて重いのに結構な速度で泳ぎ回るんですね。何かの手違いで船にぶつかったら大変な事になりそうだと考える自分は心配性何でしょうか (笑)

まとめ

思いの外楽しめる築地市場。注意点としては、お店は基本的に5時~15時と市場なので早い営業。自分が行ったのは13時半頃とギリギリだったので、回ってる間に閉まるお店も多かったです。なので行く時は早めがおすすめ。

飲食店も「お寿司」はもちろん、「カレー」「牛丼」「洋食店」と色々とテナントさんが入ってるので豊洲グルメも楽しめると思います。当然市場直結なので新鮮。豊洲で朝ごはんなんて如何でしょう?

関連記事

  1. 浅草ビューホテル近くの国際通り沿いにあるラーメン屋「じゃん腹」さ…

  2. サンマルクカフェ

    浅草ROX一階にある『サンマルクカフェ』にて小休止

  3. つるとんたん

    東京駅で食べた「つるとんたん」のうどんが最高でした

  4. アカシエ 『ブルードネージュ』

    差し入れで頂いた『ブルードネージュ』の食感に感動

  5. 車を携帯?!カバンに入る車(WALKCAR)が来年発売されるよう…

  6. 舞浜のイクスピアリ内にあるMonsoon Cafe(モンスーンカ…

こんなメモもありますよ♪

  1. タリーズコーヒー

Twitter

ページ上部へ戻る