閉じる
閉じる

あまめも

MacのAutomaterを使用してiPhoneの写真データ「.HEIC」を「.jpg」に簡単に全て変換する方法

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。

iPhoneで撮影した画像データは基本的に「HEIF形式」で拡張子が「.HEIC」。PCによっては開けない事があるので、「画像形式を”JPG”に変換したい!」って事はあると思います。Macを使用しているのなら標準搭載の「Automater」を使用するとまとめて簡単に変換できます。

 

HEIF形式(.HEIC)のおさらい

写真の枚数が少ないのならMac標準の「プレビュー」で簡単に変換可能。詳細は下記リンクに書いてあるのでそちらを参照。

「HEIF形式」についても簡単に説明してあります。

まとめて処理するには「Automater」を設定

数が少ないのなら上記の方法でも問題無いのですが、変換する数が多くなればなるほど面倒くさい。「同じ作業だし簡単に処理できないのか?」と思ってもしょうがないと思います。

単純な作業はMacの場合は「Automater」に任せましょう。これほど楽な物はありません。

簡単な設定の紹介

色々とやり方はあると思いますが、簡単な方法をご紹介。

まずは「Spotlight」で「Automater」と打ち込みアプリを起動。因みに「Spotlight」はコマンドを初期設定のままにしてあるのならば「Command + Space」で直ぐに呼び出し可能。

SpotlightでAutomater呼び出し
SpotlightでAutomater呼び出し

その後は「新規作成」→「クイックアクション」と進んで処理を設定。

Automaterが起動したら新規作成
Automaterが起動したら新規作成
一番分かり安いのでクイックアクションを選択
一番分かり安いのでクイックアクションを選択

あとはアクションを設定するだけですが、これも簡単。「ライブラリ」の中の「写真」を選択。「イメージのタイプを変更」を右の作業スペースに「Drag&Drop」するだけ。

処理の設定
処理の設定

あとは「変更後のタイプ」を「JPEG」に設定すれば処理の設定は完了。「名前をつけて保存」すれば右クリックして選択可能。注意点としてはここでつけた名前で表示される事。実際に使用すると。

HEICファイルを選択して右クリック
HEICファイルを選択して右クリック

自分は「imgJPG変換」にしました。たったこれだけでまとめて変換可能なので簡単。一度の設定で何度でも使えるのでお得です。

関連記事

  1. take022-line-thumbnail

    【YouTube更新】知ってました?LINEで簡単!画像処理

  2. Macで簡単に画像のマスクを作る方法

  3. 検索

    簡単便利、アプリのインストール不要でiPhoneの画面を録画する…

  4. [甘]たったこれだけ?Macの時計が速かったからなおしてみた。

  5. 10082020-info

    これだけは設定するべき厳選3つ!語りメインの動画編集で設定したい…

  6. [甘]iTunesでアルバムアートワーク(ジャケット写真)の表示…

こんなメモもありますよ♪

Twitter

ページ上部へ戻る