あまめも

WordPressで『Twitter Cards』を設定するプラグイン『Twitter Cards Meta』の設定

 こんにちは! あますた(@amaguristar)です。「ツイッターの更新を今後はまめにしよう!」って思った自分。そうなるとせっかくなので書いたメモも表示したい!! ってことはTwitter Cardsの設定をする必要が出てくるよな〜・・・って感じの今回です。

 

Twitter Cardsってなに?

 そもそも『Twitter Cards』を簡単に説明すると、ツイッターのリンクを魅力的に見せる機能のこと。詳しく説明すると色々とあるんでしょうが、ざっくり説明するとそんな感じ。

WordPressを使用しているなら簡単に設定できる

 なんやかんや、設定ってめんどくさいんじゃない?って思うかも知れませんが、WordPressを使用しているなら簡単に設定出来ます!!

インストールから設定

まずはインストール

 WordPressの管理画面で『プラグイン』を選択。キーワード検索でTwitter Cards Metaと検索。インストールして有効にします。

プラグインの設定


 有効にすると管理画面に『Twitter Cards』と表示されますのでクリック。

設定画面。

設定をざっくり説明すると。
「Site’s Main Twitter Account:」 ・・・ ツイッターのアカウント名
「Use Authors’ Twitter Account」 ・・・ 複数人でブログを更新する人のみチェック

「Image Selection:」 ー 
 「First image from content」 ・・・ 記事内最初の画像をサムネイルで表示するとき選択
 「Featured image」 ・・・ アイキャッチ画像をサムネイル表示するとき選択
 「From a custom field」 ・・・ それ以外の画像を表示するとき選択

「Default Image URL:」 ・・・ 画像が無いときのデフォルト画像を設定(空欄でも可)
「Twitter Cards Type Selection:」 ・・・ 「Summary Cards」で問題無し
「Description For Home Page :」 ・・・ サイトの説明文を設定

以上を設定したら最後に『Save Options』をクリック。

登録確認

 設定が完了したら、Card Validatorで登録が出来ているか確認。以前はここからサイトを登録しないといけませんでしたが、最近は簡略化されたようで「Card Validator」で確認したらサイトも自動的に登録されるようです。

 Validatorのサイトに飛んだら、ツイッターアカウントでログインして、表示したいサイトのURLを入力。「Preview card」を選択して表示されれば問題なし。登録完了です。

[参照:Card Validator]

 分かりやすさ優先でざっくり説明。表示するだけなら上の処理だけで5分とかからず設定できるので問題無いと思います。こだわりたい方は詳細を検索して下さい。その際やり方等教えて頂けたら助かりますw

関連記事

  1. [甘]Google+でコメントを返信する方法が分からなかったので…

  2. ネットでニュースを読んでいたら気になる単語『ライブコマース』と言…

  3. iPhone無くした?って時にiCloudにある『iPhoneを…

  4. [甘]知らなかった!『Evernote』で”過去ログ”を参照する…

  5. 「Numbersで小数点以下切り捨てってどうするの?」ってなった…

  6. Macで簡単に画像を連続でリサイズする方法が簡単でびっくり![A…

こんなメモもありますよ♪

Twitter

ページ上部へ戻る