閉じる
閉じる

あまめも

「Numbersで小数点以下切り捨てってどうするの?」ってなったので調べてみた

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。
先日仕事でMacの「Numbers」に入力する作業があり、「あれ?値がおかしい・・・??」って現象発生。調べたら、元のデータは小数点以下切り捨てで計算。自分の入力してる「Numbers」の初期状態は小数点以下切り上げ。長年表計算ソフトはExcelを使用していた自分。「あれ?この場合Numbersではどうやるんだ??」となったので、サクッと検索してみました。

 

Excelと変わらないのかな?

エクセルではROUNDUP・ROUNDDOWN関数。「同じかな?」と検索かけたらヒットしました!

切り上げ:ROUNDUP((計算式),数値)
切り下げ:ROUNDDOWN((計算式),数値)

【Numbers】数式での切り上げ・切り捨て・四捨五入や負の値の時に『0』にする関数より抜粋

計算式は通常のセルに入れる計算式で問題ないです。重要なのは「数値」。もし小数点以下切り捨てにしたい場合は、
ROUNDDOWN((計算式),0)
と入力。分かりやすいように例をあげると

ROUNDDOWN(130/1.08,0)は『120』
ROUNDDOWN(130/1.08,1)は『120.3』
ROUNDDOWN(130/1.08,2)は『120.37』

となります。下記リンク先が分かりやすく書いてありますので、そちらを参照して見てください。

【参照:【Numbers】数式での切り上げ・切り捨て・四捨五入や負の値の時に『0』にする関数

整数を切り捨てしたりとかは?

ここまで書いてて「あれ?整数は切り捨て出来ないの??」って疑問。試しに数値に-1と入れて見たら一の位を切り捨て。-2と入力すると十の位を切り捨てでした。

例: ROUNDDOWN(132*1.08,-1)は『140』
   ROUNDDOWN(132*1.08,-2)は『100』

と表示されます。

まとめ

切り捨て: ROUNDDOWN((計算式),桁数)
切り上げ: ROUNDUP((計算式),桁数)
四捨五入: ROUND((計算式),桁数)

です。

関連記事

  1. create

    【iMovie】「動画に映画風の黒帯を付けたい」そんな時はまず黒…

  2. ファイル形式

    FinalCutProで動画を「mp4形式」で出力したい時の設定…

  3. QR

    【便利】実際にPayPayを使ったメリット・デメリットのまとめ

  4. サーバーにファイル転送してて思った「WebDAV」使った方が楽な…

  5. Macで簡単に画像を連続でリサイズする方法が簡単でびっくり![A…

  6. 【ver.2020】Macでマウスをなるべく使わない為のキーボー…

こんなメモもありますよ♪

  1. 柏屋薄皮饅頭 新あずき

Twitter

ページ上部へ戻る