あまめも

ウィスキーの綴りって「Whisky」それとも「Whiskey」??ってなったので調べてみた

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。
先日お店のメニューに英語表記を追加していた自分。ウィスキーの綴りを調べていたら「Whisky」と「Whiskey」ってのが混在していたので「あれ?どっち??」ってなり調べました。

 

どっちでも良いらしい

結論から言うと「どちらも正解!!」らしいです。単に打ち間違えてとかではないらしい。

「え?じゃあなんで綴りが2通りあるの??」って方、一応調べた感じだと産地で使い分けてるようです。

「Whisky」

スコッチなどスコットランドの流れを汲むものに使用。日本のウィスキーもスコットランドの流れを汲むものなのでこの表記になっている様子。カナディアンウィスキーもこの表記。

「Whiskey」

アイルランドの流れを汲むものに使用。アメリカでウィスキーを作った人にはアイルランド人が多かった為、アメリカンウィスキーもこの表記。

一部アメリカのウィスキーも「Whisky」を使った商品があるので、綴りで産地が判別できるかというとそうでもない様子。

豆知識

調べていたら豆知識的なことも発見。開拓時代のアメリカではウィスキーは貴重なお酒。鍵付きの棚等で大切に保管していたことから「Whisky」に「e」を付けて鍵付きの意味の「Whis”key”」にしたっていう四方山話がある様子。

「key = 鍵」から
「whisky」 鍵なし
「whiskey」鍵あり

という方もいるとのこと。うまいこと言う人も居るもんですね!

関連記事

  1. [甘]行ってみたい場所が思いの他多かったからリストにしてみた。

  2. [甘]そうだったのか!日常的に使ってる“魚”にまつわる日本語。

  3. [甘]欲しいものが多すぎて…

  4. [甘]最近いろいろと勉強し始めましたがキツイ・・・歳かな?

  5. ファイルの管理がめんどくさくなってきたから「Git」使ってみた!…

  6. [甘]気をつけよう!ソファーで寝ると身体中、本当にイタイよ!

こんなメモもありますよ♪

Twitter

ページ上部へ戻る