閉じる
閉じる

あまめも

gitのリモートリポジトリをDropboxで作成してpushする方法

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。

最近何かとファイルを作成しては「git」でバージョン管理をしています。これがとてつもなく便利。「どうしてもっと早く使わなかったのか」と若干の後悔です。何事も急がば回れ。めんどくさがらずに勉強しておけばよかったと今更思います。

1人で使用している分にはローカルリポジトリでも十分なのですが、今後誰かにデータを編集してもらう機会があるかもしれない。そんな時の為に「リモートリポジトリにも慣れておかねば」と思った今回です。

いちいちサーバーを用意するのがめんどいな・・・と思ったので、サクッとDropboxを利用してリモートリポジトリっぽいものを作成しました。

目次

 

1.Dropboxを使用したリモートリポジトリの作成方法

まず最初に設定するのはDropbox。Dropbox内に適当にフォルダを作成。今回は「sample」と言う名前のリポジトリを作成します。

Dropbox内に適当にsampleフォルダを作成。

あとはターミナルで作成した「sample」フォルダを参照して下記コマンドを実行。

$git init ––bare ––shared
「init」コマンド実行後「sampleフォルダ」内に色々なファイルが作成される。

すると「sampleフォルダ」内に色々なファイルが作成されます。コマンドの詳細は割愛します。

たったこれだけでリモートリポジトリの作成完了。あとはこのリポジトリを「clone」するか「remote」コマンドで接続するだけ。

2.リモートリポジトリとローカルリポジトリを接続

ローカルで一生懸命にカタカタやったファイルを他の人が編集できるようにリモートリポジトリにUPするには簡単に2パターンあります。

つまり、最初にリモートリポジトリを作成してローカルに空の状態をコピーして編集したデータをUPするか、ローカルである程度編集してから、リモートリポジトリを後から追加するかです。

「clone」する場合

編集したファイルを置く場所に移動して下記コマンドを実行。

$git clone /Users/****/Dropbox/00_buffer/sample

そうすると編集したい場所にリポジトリと同じ名前の「sample」という空のフォルダが作成されるはずです。ターミナルには

Cloning into ‘sample’… warning: You appear to have cloned an empty repository. done.

という文字が出るかもしれませんが、これは「クローンしたリポジトリー内は空っぽだよ」的な注意なので、気にしなくて構いません。

あとは、このフォルダでファイルを作成・編集・削除を繰り返してコミットしていくのみ。

ちなみにコマンドの説明は、

$git clone [リモートリポジトリアドレス][リポジトリ名]

です。クローン(コピー)したいリモートリポジトリのアドレスを記入して、その後にコピーしたリポジトリのフォルダ名を指定します。「リポジトリ名」を省略するとリモートリポジトリと同じ名前でコピーされます。

リモートリポジトリとローカルリポジトリを接続する方法

すでにローカルにてリポジトリを作成し編集作業をしている場合は、新しく作成したリモートリポジトリに接続することが可能。今回は、先ほど「1.Dropboxを使用したリモートリポジトリの作成方法」で作成した「sample」リポジトリにすでに編集していたローカルリポジトリを接続します。ターミナルでローカルリポジトリを参照してから下記コマンドを実行。

$git remote add origin /Users/****/Dropbox/00_buffer/sample

結果は、

確認コマンド
$git remote -v
結果
origin /Users/****/Dropbox/00_buffer/sample (fetch)
origin /Users/****/Dropbox/00_buffer/sample (push)

と表示されれば接続完了。コマンドの説明は

$git remote add [リモートリポジトリ名][リモートリポジトリアドレス]

です。リポジトリ名は基本的に「origin」を使用するのが慣例みたいです。

3.編集したデータをリモートリポジトリにUP

編集した内容をローカルリポジトリでコミットしたあとはリモートにUPして誰でも同じ状態のデータで編集できるようにします。UPする為には下記コマンドを実行。

$git push origin master

コマンドの説明は、

$git push [リモートリポジトリ名][ブランチ名]

です。

4.リモートリポジトリから最新の情報をダウンロード

誰かが編集した情報を自分のローカルリポジトリにも反映したい場合は下記コマンド。

$git pull origin master

コマンドの詳細は

$git pull [リモートリポジトリ名][ブランチ名]

です。これで変更されていた場合、最新の状態がコピーされます。

まとめ

簡単に下記にまとめるておきます。

リモートリポジトリ作成
$git init ––bare ––shared
リモートリポジトリをコピー
$git clone [リーモートリポジトリアドレス][リポジトリ名(※省略可)]
リモートシポジトリを接続
$git remote add [リモートリポジトリ名][リモートリポジトリアドレス]
リモートリポジトリ確認
$git remote     //<- リモートリポジトリ名のみ表示
$git remote -v   //<- リモートリポジトリ名とアドレスも表示
リモートリポジトリにUP
$git push [リモートリポジトリ名][ブランチ名]
リモートリポジトリから情報更新
$git pull [リモートリポジトリ名][ブランチ名]

関連記事

  1. 線(line)

    【HTML】<hr>タグ(区切り線)を簡単にカスタム…

  2. HTML

    HTMLで「引用符を自分好みに設定したい」って時は

  3. 「Git」を使い始めたのは良いのですがコマンドを忘れそうなので一…

  4. 知らなかった!WordPressで写真(画像)にキャプションを付…

  5. ブログに「目次必要かな?」と思ったのでサクッとローテクで作ってみ…

  6. リンク

    サイトでリンク箇所に分かりやすくアイコを追加する方法【css】

こんなメモもありますよ♪

Twitter

ページ上部へ戻る