閉じる
閉じる

あまめも

「ファイルの大きさを変えたい!」GIMPでサクッと変更する手順(方法)

アイキャッチ

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。

  • 「画像ファイルのサイズを指定されたサイズにしたい!」

もっと具体的に言うと、

  • 「1120×1155」の大きさの画像ファイルを「512×512」にしたい」

そんな時ありませんか? GIMPを使ってサクッと解決しましょう。

 

具体的にどうするかと言うと、

  1. 新しい画像でキャンバスのサイズを設定
  2. 画像をレイヤーとして読み込み
  3. サイズ調整
  4. エクスポート

の4行程。

1. 新しい画像でキャンバスのサイズを設定

GIMP起動
GIMP起動
ファイル→新しい画像
ファイル→新しい画像
サイズ設定
サイズ設定

GIMPを起動させたら、「ファイル」→「新しい画像」と進み「キャンバスサイズ」の幅と高さを設定。

設定したサイズでキャンバスを描画
設定したサイズでキャンバスを描画

OKボタンを押すと基本的には何の変哲もない上記画面が表示されるはず。

2. 画像をレイヤーとして読み込み

下地が出来たので、サイズを変更したい画像を読み込み。

ファイル→レイヤーとして開く
ファイル→レイヤーとして開く
ファイルを開いた状態
ファイルを開いた状態

今回は「1120×1155」のサイズの画像を「512×512」に変換したいので、当然上記の様に画像の一部しか表示されませんが、間違いでは無いので安心して下さい。

3. サイズ調整

ツールの拡大・縮小ボタンを選択
ツールの拡大・縮小ボタンを選択
画像を選択するとドラッグ&ドロップでサイズ変更可能
画像を選択するとドラッグ&ドロップでサイズ変更可能
サイズ調整完了
サイズ調整完了

左上のツールから『拡大・縮小ボタン』を押して、画像のサイズを調整。

  • 縮小:画像の適当な位置から中央に向けてドラッグ
  • 拡大:画像の適当な場所を外側に向けてドラッグ
  • 移動:画像の中央をドラッグ

4. エクスポート

ファイル→Export As…
ファイル→Export As…

調整が完了したらあとは書き出すだけ。「ファイル」→「Export As」を選択。

エクスポートダイアログがポップ
エクスポートダイアログがポップ
エクスポートダイアログがポップ
エクスポートダイアログがポップ

エクスポートダイアログがポップするので、

  • ファイル名
  • 保存先
  • 保存形式

を好みで選択して、「エクスポート」。そうすると別のダイアログがまたポップしますが、こちらは特に設定しなくて問題無いのでまた「エクスポート」。

これでファイルが設定した場所に保存されているはず。

まとめ

画像ファイルの大きさをGIMPで変更する方法は、

  1. 新しい画像でキャンバスのサイズを設定
  2. 画像をレイヤーとして読み込み
  3. サイズ調整
  4. エクスポート

のたった4行程。

関連記事

  1. MacのターミナルでSSHの接続が弾かれたとき(WARNING:…

  2. [甘]「本当に便利なん?」って気持ちで使った『TextExpan…

  3. サーバーにファイル転送してて思った「WebDAV」使った方が楽な…

  4. fcpx-info

    「Final Cut Pro」でフォントのフォーマット等を使いま…

  5. GIMP

    簡単便利で無料の画像編集ソフトGIMPを使って文字の縁取りをする…

  6. create

    【iMovie】Macのプレビューで映画風の黒帯を簡単に作る方法…

こんなメモもありますよ♪

  1. HUB 看板
  2. お台場カレー

Twitter

ページ上部へ戻る